引きこもりが外見を変えたら自信がついた話。僕が実践した外見を変える方法。

自分を変えたいと思ったら、まずは外見から変えるといいかもしれません。

 

僕の場合、引きこもっていた時はどんな格好だったかというと、

髪の毛はロン毛。

外出するときはジーパンにTシャツ。

 

控えめに言って汚い感じ。。

 

天パだったこともあり、危うくナチュラルなドレッドヘアーになりそうでした!

 

そんな僕は2か月くらい前に、自分を変えようと一念発起しました。

でも自分を変えるのはとても難しいこと。

 

何をすれば手軽に自分を変えることができるか、考えていたときに「外見を変えるのが手っ取り早い」ということに気づいたことがきっかけでした。

 

 

ファッションセンスは必要ない

内面から変えようとするとすごく時間がかかりますよね?

 

でも、外見を変えるのは簡単にできると思います。

僕はファッションセンスはあまりないのですが、それでもかなり変わることができました。

 

 

なぜかというと、ひとつ意識したことがあったからです。

それは、

『誰からも嫌われない服装にする』

ということです。

 

ファッションは個性を出そうとすると難しいものだと思います。

自分の個性と他人からの見られ方のバランスが崩れると、おかしなことになるんだと思います。

 

僕が意識した「誰からも嫌われない服装」とは?

こう言ってはなんですが、誰からも嫌われない服装って実際にはないんですよね。

誰からも嫌われない人がいないように。

でも多くの人に良い印象を与える服装というのはあると思います。

それはフォーマルな服装

スーツやタキシードなどです。女性ではドレスですね。

これは嫌われる要素は少ないですよね。

 

今回新しく服を買う時、どんな服装をしようか悩んでいたのですが、たくさん服を買うお金もないのでなるべく着回しができる服装が良いと考えていました。

そして、自意識過剰目な僕は、なるべく目立たないような、安全な服装を探していました。

 

そう考えてたどり着いたのはフォーマルウェアだったのです。

 

カジュアル・フォーマル

フォーマルがいくら万人受けするといっても、着る場所によっては違和感が出てしまうこともあると思います。

たとえばカフェにスーツとか、

遊園地にスーツとか。

 

やはりきっちりしすぎても違和感があります。

僕は会社の会議とか営業とかするわけではないので、きっちりフォーマルは必要ないです。

基本僕は、カフェとか図書館とかに出かけるので、スーツはおかしい気がします。

僕が目指したのは、「カジュアルなフォーマル」。

カジュアルだけど、フォーマルな感じ。

そんな服装を目指しました。

 

個性をなくして環境に溶け込む

フォーマルウェアというのは個性を消す服装だと思います。

学校の制服とかもそうですよね?

個性をなくすことで自己主張を減らし、相手に安心感を与えるという効果があると思います。

 

自分の個性をなくすっていうとなんだか悲しい気もしますが、僕はそんなこともないと考えます。

人の印象は最初は外見で決まると思います。

人は見た目が9割と言ったりしますよね。

メラビアンの法則というものもあります。

 

第一印象を決める要素として、

言語情報:聴覚情報:視覚情報

=7:38:55

 

だと言います。

 

街中で自意識過剰な人(僕みたいな人)が自信が持てるようになるには、外見を変えることが一番いいのです。

 

まあ、人目を気にしないのが一番楽なのかもしれないですが、人に良い印象を与えていると思えればなんだか自信が持てそうじゃないですか?

 

外見は入り口だと思います。

内面がいくら良くても、中に入って来なければ意味がないです。

家の外装みたいなものだと思います。

なるべく飾って、道行く人に安心感は与えておきたいです。

 

 

具体的にやったこと

 

髪型

まず髪を切りました。

もじゃもじゃの天パのロン毛ともお別れです。

美容室の床一面、髪の毛で覆われましたw

 

頭を洗う時間が3分の1くらいになりました。

自分の中でポリシーがあって意地でも伸ばしていた髪の毛を、一気に切ったことでなんだか気持ちも軽くなりました。

髪型を変えただけで一気に清潔感が出ました。

髪型は短めのツーブロック。

僕はくせが強いので、強めのワックスを買いました。

 

 

服の選び方

色を合わせるのが面倒なのと清潔感が出るので、一番無難な『白シャツ』にしました。

やっぱり無難最強!!

白シャツはサイズ感が重要っぽいです。

いままで僕が持っていたシャツは大きめでした。

今着てるのはGUの白シャツ。

安くてもいいので、なるべくサイズ感を合わせるのがポイントです!

ちょうどいいサイズの目安はググると出てくるのでぜひ調べてみてください。

自分で合っていると思ってたサイズ感って意外と間違っていたりするので。

 

以前の僕は動きやすさ重視で、大きめの服を着ることが多かったです。

でも、いろいろ調べてみると、自分の思っていたサイズ感と他人から見たサイズ感が違うということに気づきました。

誰かアドバイスしてくれる人と一緒に買いに行くのがいいかもしれません。

それか正しいサイズ感を調べてから買いに行くといいと思います。

それから試着することを忘れずに!

何回も試着をして鏡を見て確認をすること!

 

 

外見を変えると自分自身への評価が上がる

外見を少し変えるだけで、セルフイメージが変わりました。

人からどう見られるかを考えてやってきたのですが、それよりも自分自身に対する評価というのが上がったように思います。

毎朝鏡で自分を見ると、今までと違う自分を見るわけで、「自分は変われるんだ!」という自信が付きます。

 

実際、どう見られているかなんて分からないことが多いです。

街を歩いていて「それダサいね!」なんて言ってくる人なんていないですよね?

たぶん、「当たり障りのない格好をしている」って自分で思えるだけで、安心するんだと思います。

周りからどう見られるかを意識したら、逆に自分自信への評価が上がったのです。

 

自分の趣味に合わせて服を選ぶのもいいと思いますが、ファッションが苦手という人や、あまり知識がないという人はこういった選び方もいいのではないでしょうか。

 

 

今回はこの辺で!

ではでは!

コメントを残す